So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

それでも人生は進んでゆく・・・③ [そのほか]

人は、禍福を思って悩み、福運を求めて人生をさまよい、ゆえに


神仏の信仰が生まれたみたい。「開運」とひとことで片付けられ


ないのに「開運」なんてお酒があったり、ふざけていたり、


遊んでいたり「神忘れ」なんてしているくせに、人それぞれの


願望が一様でない中で、からかい半分で生きて人を悲しませたり。


ですが、家内安全、商売繁盛、縁結び、出産、成長、立身出世、


学業成就、健康長寿など、人の願望にはいろいろ真剣な


想いも確かに存在してあります。
 


七福神の信仰も、こうした人の願望から発露し脈々と真摯に


受け継がれてきたものなのです。


仁王経という経典の中に「七難即滅 七福即生」とあります。


つまり、教え導くことを篤く信じ行えば、世の中の七つの大難


(太陽、星の異変、火災、水害、風害、旱害、盗難)はたちどころに


消滅し、七つの福が生ずるというのです。


この七つの福というのは、その時代、その人の願望によって


合理的に解釈されるもので、あなた自身の「心」の在り様といえます。


といっても、七福神の神徳を信ずる事を篤くして、人生を救われる人が


たくさんいることから、その信仰が現代に継承されていることは


確かなのです。


仏教伝来時に『金光明経』を通じて中国から伝えられたのは②。


-------------


自分の内面を見つめるのは苦手ですけれど、


あなた自身の「心」の在り様といえば師走の年末。


人生に必要なものについて考えたいのも間違えないですね。


12月がクリスマスシーズンなのも本当。


というわけで、七福神について考えながら年賀状を


12月25日に書く予定のnamieの近況です♪


もし、ご参考になれば幸いです。


びいだ.jpg


 


 


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

それでも人生は進んでゆく・・・② [そのほか]

サラスヴァティー(サンスクリット語: सरस्वती, Sarasvatī)は、


芸術・学問などの知を司るヒンドゥー教の女神である。


日本では七福神の一柱、弁才天(弁財天)として親しまれており、


仏教伝来時に『金光明経』を通じて中国から伝えられた。


-------------


自分の内面を見つめるのは苦手ですけれど、


人生に必要なものの1つがお金なのは間違えないですね。


12月がクリスマスシーズンなのも本当ですが、次年度の


予定を立てるシーズンなのもこれもまた真実。


というわけで、七福神の誰を1番好きかという視点で


人生を考えてみるのもいいのでは?


もし、ご参考になれば幸いです。


びいだ.jpg


 


 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

2017-11-26

『運命を拓く』(中村天風)より、
 所詮、人生は心一つの置きどころ。
 人間の心で行う思い方、考え方が、人生の一切を良くもし、悪くもする、というのが人生支配の根本原則である。

 思い方や考え方が積極的であれば、積極的なものが出来、消極的なら消極的なものが出来る。
 何事においても、そのときの心の状態が、成功を生み、また失敗に追いやる。
 中村天風のこのような考えは、『原因と結果の法則』のジェームズ・アレンと似ていると思います。

 「自分の思いが人生を創る」と、アレンも言っています。

  『心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。
   行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。
   人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる』
--------------

namieのおすすめは、ジェームズ・アレンでなくて、


誰かというならば以前にも伝えたのですが、ガネーシャなんですね。


ガネーシャはインドの神様です。


だけれど、「自分の思いが人生を創る」。


この本は、運がよければコンビニで出合えると思うので、


少し早いですが皆様へのクリスマスプレゼントに。


いお菓子に出会えたら、お知らせください♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | -