So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

お伊勢さん菓子博2017 (第27回全国菓子大博覧会) [そのほか]

mqdefault.jpg


●全国菓子大博覧会について


「全国菓子大博覧会」はお菓子の歴史と文化を後世に伝える


とともに、菓子業界、関連産業の振興と地域の活性化に役立て


るため、ほぼ4年に一度開催されてきました。


今回で27回目の開催となり、三重では初めてとなります。


1911年(明治44年)に東京で「第1回帝国菓子飴大品評会」として


始まり、東海エリアでは1977年静岡以来の40年ぶりの開催と


なる「第27回全国菓子大博覧会・三重」にご期待ください。

●第27回全国菓子大博覧会・三重開催概要
○愛称:お伊勢さん菓子博2017
○テーマ:お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へ


すぐにクリック♪ → http://www.kashihaku-mie.jp/


---------------


2017年(平成29年)

4月21日(金)〜5月14日(日) 24日間


開催場所

三重県営サンアリーナ及びその周辺
住所

三重県伊勢市朝熊町字鴨谷4383-4



namieが、菓子博のコトを知ったのは、今から4年前の第26回。


2017-4=2013


広島での開催で、ブルボンのエリーゼを購入しました。


今年は、三重県での開催なのですけれど、それは初だとのコト。


中部圏では岐阜県が初の開催だったのですが、名古屋で開催された際は、


150万人の来場があったとのコトです。


enの2乗net効果として、2013にnamieは嬉しいコトがあったのですが、


そのときブルボンのエリーゼを購入したのを思い出し、今回はmorinagaの


ソフトケーキを購入してみました。


続きを読む


2017・気になる春のイベントのコトに関して 2017.04.16 [そのほか]

春分の後の最初の満月の日の次の日曜日。


キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、


春の自然の甦りを祝うお祭り


復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を


贈り合ったりして、盛大に祝う。


イースターの日どりは、325年の第1ニカイア公会議で


「春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定された。


------------------------


皆さまの地域では、2017「イースター」はどうですか?


ウサギは多産なので豊穣の象徴であるとされるみたい。


イースターはクリスマスやバレンタインデー、ハロウィン


続く第4のイベントとして注目を集めているんですって。


卵型のエッグチョコやウサギ型のチョコレートがお洒落で


人気となっているようですね。


ピエールエルメパリなどの日本にもお店がある海外の


有名チョコレートショップでは、毎年イースターに合わせて


限定チョコレートを販売しています。


イースター2017年はいつ?


イースターというと何となく


4月はじめというイメージがありますよね。


実は毎年イースターの日付は違っているんですね。


ぜひ、来年に向けてメモしておいてみては?



【イースターの割り出し方(カトリックの場合)】

① 春分がいつか調べます

② 春分の後の満月の日を調べます

③ その満月の日の後の最初の日曜日がイースター


一刻館の管理人・響子 to namie の とうがらし について [そのほか]

陽(たいよう、英: Sun、羅: Sol)は、銀河系


(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む


地球を含む太陽系の物理的中心[9]であり、太陽系


の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体


重力の影響を与える[10]。


太陽は属している銀河系の中ではありふれた


[9]主系列星のひとつで、スペクトル型はG2V


(金色)である[11]。推測年齢は約46億年で、


中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、


主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと


考えられている[12]。


-------------------------------------


太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の


中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある


『陽あたり良好!』(ひあたりりょうこう)は、


あだち充の漫画作品、およびそれを原作とした


テレビドラマ、アニメ作品。


連載終了後、その後のひだまり荘について


(読者からの質問が多かったためとされている)


あだち充本人が調査人として出演した番外編が描かれ


(少コミ82年10号に掲載)、小説版に収録されたが


既に絶版のため入手は困難である。


 


『虹色とうがらし』(にじいろとうがらし)は、

あだち充の物語漫画。「週刊少年サンデー

1990年4・5合併号から1992年19号まで連載。

少年サンデーコミックス全11巻。

あだち充作品の中では異色のSFを交えた時代劇である。

とうがらしを1ヶ月食べ続けてみました。

味噌うどんに大量にかけるというtryというカタチで。

結果、一刻館とあだち充先生の混沌について調べてみたく

なりました。

とうがらしって、太陽のようなinspireです。

image71.jpg

 


前の3件 | -