So-net無料ブログ作成

上を向いて歩けるのも地面があるからでしょうか [わたしとお気に入り]

 ケベック州産のメープルシロップメープルシロップ

(maple syrup) は、サトウカエデなどの樹液を

濃縮した甘味料。独特の風味があり、ホットケーキや

ワッフルにかけたり菓子の原料として用いられる。

常温で固体状になるまで濃縮されたものはメープルシュガー

(maple sugar) と呼ばれる。

メープルシロップを加熱濃縮後、急冷しつつ撹拌しクリーム

(バター(maple butter) と言う。

純粋なメープルシロップは、産出する樹種の分布から、

カナダ南東部~アメリカ北東部の生産が多く、

カナダのケベック州やオンタリオ州純粋なメープルシロップは、

産出する樹種の分布から、カナダ南東部~アメリカ北東部の

生産が多く、カナダのケベック州やオンタリオ州、アメリカの

ニューイングランド地方などで生産されたものがよく知られている。

わずかではあるが、日本でも埼玉県秩父市などで生産されている。

かつて、アメリカ産のメープルシロップに豚の油が入っていると

いう噂が立ったが、アメリカ・ヴィーガン・ソサエティ

(US VeganSociety)が調査した結果、そのような事実は、

無いことが確認された。

変り種

ケンタッキー州では胡桃(くるみ)の木から採取した

ウォールナット・シロップ (Walnut Syrup) という変わり種もある。

また、シベリアやアラスカでは樺の木 (Birch tree)から

採取したシロップがある。

いずれもメープルシロップには及ばないが、貴重な糖分を得る

方法となっている。

模造品

純正品のメープルシロップは200mlあたり800円台

からの購入が可能な比較的高価なものであるが、

コーンシロップにメープルの風味や香りを添加した模造品が

"ケーキシロップ"などとの名称で純正品より広く、

かつ200mlあたり200円台からという安さで広まっている。

---------------------

ナチュラルライフって、高価っていうのでしょうか?

すべてが欲しいと言われると、どうかとも思うのですが、

ナチュラルライフって本来の人間に自然なことなのではとも

思うのです。

楓蜜という言葉をはじめて知ったのはいつだったのかな?

憧れを覚えたのは確かなことで、それはローソクやゴムの

ように、ナチュラルライフを想像させてくれるものでした。

1本の木から、命の恵みを受けるよろこびについてなのですが・・・。

美味しそうなHAWAIIのパンケーキの話題でもあります。

家に、morinagaのケーキシロップはあります。

でも、コレ見たら食べたくなりますでしょうか?

namieは垂涎ですけれど・・・。

お台場のHAWAIIコーヒー↓

http://honolulucoffee.co.jp/menu/index.html

KEYS.jpg


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

トラックバック 0