So-net無料ブログ作成

疲労回復が必要なときについて [そのほか]

ココアの飲み方

純ココア(ココアパウダー)を用いる場合は

ココアパウダーと砂糖、少量の熱湯(または牛乳)を

混ぜ弱火でペースト状になるまでよく練る。これを牛乳で

伸ばして飲み、さらに生クリームやシナモンを添えることも

ある。1人分、ココア5gである[9]

ココアを溶かす際は、水(または牛乳)を加える前に、砂糖と

よく混ぜ合わせておくとダマになりにくい。また、ココアパウダーを

コンデンスミルクに練りこんでペースト状にしても、ダマにならず

容易にお湯に溶ける[10]

-------------------------------------------

喫茶店ではコーヒーや紅茶と並んで定番のメニューでもあり、

ホイップクリームを浮かべたウィンナーココアやミルク分を多くした

ココア・ラテなどのメニューが存在する。夏季には冷やして

供されることもある(アイス・ココア)。

そうそう、どうしてココアの話題かというとですね、

コメダという喫茶店が名古屋にあるのですけれど、

そちらのココアの中でもアイスココアがず~っと飲みたいんですね!

ウインナーコーヒーは注文したことあるのですけれど、

アイスココアはまだないのですね!

夏休みですね、もしも、名古屋への「なつたび」

お考えでしたら♪

下記参照 →

https://www.komeda.co.jp/attraction/index.html

1254958_p0_master1200.jpg

 

 


タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

無性に食べたくなったので・・・。 [そのほか]

ピザの食べ方

イタリアでは1枚が1人前とされ、ナイフとフォークを

使って食べる。ナポリではソースのかかった部分だけを

切り取って食べ、「イル・コルニチョーネ」(Il Cornicione、

「大きな額」)と呼ばれる縁は残す[3](日清製粉の

ナポリピッツァの基礎知識では、残さないとしている)。

しかし歩きながらピザを食べるときは、上面を内側にして二つに

折って手で食べることもあり、この食べ方を「ア・リブレット」

(a libretto、「本のように」)と呼ぶ。

アメリカではナイフとフォークを使うよりも、大型のものをピザカッター

などを使って放射状あるいは碁盤目状に等分し、一切れずつ手で

つまんで食べる。

------------------

ピザってピザソースが必要ですが、これって

なんだかトマトソースって思いますね!

アンチョビーはどうしてピザに載っていたり

するのでしょうね?

「絶望している時でもおいしく食べられる」ことが

名前の由来の、レストランでも人気の鰯と香味野菜の

風味豊かなペペロンチーノ。

身のやわらかさが特長の国産マイワシと、細かく刻んだ

香味野菜をたっぷり使用した、鰯の旨みと野菜の香りと甘みを

お楽しみいただける一品。

パスタに興味があったのですが、ピザの上に載ってるのを

食べました。

Tomato.gif

 


タグ:
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

古き良き思い出? 何が咲き乱れる庭なのでしょう [そのほか]

セピア(sepia)とは、イカ墨のこと。ギリシア、スペインやイタリアなど

一部の国ではコウイカそのものをも指す。セフィアとも。

耐光性・耐水性のあるイカ墨由来のインクが漬けペン用として長く

使われておりその色味についてセピア色と呼ばれていた。その後、

イカ墨インクは粒子の粗さゆえに万年筆を詰まらせる事もあり消えて

いったが、初期の白黒写真の経年劣化が鶏卵紙由来の黄ばみと画像の

退色が進むものでその色味がセピア色であった。

古代ギリシャ語の σηπία(sēpia, コウイカの意)が語源。

地中海沿岸地方では古代よりイカが食材にされるとともに、

イカの墨がインクとして使用されていた。

----------------------

人生がどんなものか理解している人って良いなと思います。

万年筆ってず~っと気になっていたりして、たまに、激情してしまったり

激しく落ち込んでしまったり・・・。

「私って暗いんです。」そう言ってみたりすると、

「自分の世界を大切にしているのですね。」

コミュニケーションについて学んだりした時にへえそうなのねと

感心してみたりもしましたが、やはり暗いのは嫌ですよね。

自分の世界といわれると未だ悩みもしますが、

日常なのか、非日常の世界なのか!

セピア色の想い出は、ノスタルジックなのかアンティークなのか?

とりあえずその感じは、ある程度美しいみたいとのコトみたいらしくて。

感謝を込めて

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨